【DAW】Cubase からStudio one に乗り換えたので比較検証



過去、さんざん悩みましたがStudio oneを再導入しました。
といっても昨年の黒金セールのときに買いました。半額です。

なぜCubaseから乗り換えたのか

なんとなくCubaseを使っている人が多いのではないでしょうか。私もその一人でした。使っていくうちにやっぱり気になるのは、動作の重さ。
どことなくワンテンポ遅くなる感じではないでしょうか。
そこでStudio oneに切り替えるというのは一つの正解だと思います。
まぁ、私の場合はもう一つ理由がありますが。

それは前の記事でも書きましたドラムマップの問題です。Studio oneではこれがクリアできることがわかったので買うことにしました。

Studio oneで良かったこと

ドラムマップがカスタマイズできる

Cubaseと昔Roland系のドラムマシンでいじれたんですが、Logicとかではできなかったんじゃないかな・・・

画像ではわかりにくいかもしれませんが、ドラムを入力するマップを自分で配置を変更しています。バンドスコアのドラム譜みたいでしょ?
私はこういう感じで打ち込みがしたくて、これができるものであれば
Cubaseからさっさと変わりたかった←
それくらいCubaseは重いんですよ・・・私のPCでは

※カスタマイズ方法はまた別の記事でアップします。

動作が軽い・早い

Cubaseと比べてなにが一番便利か。逆に何がCubaseから変えたがるのか。という点では動作の重さが最大の問題だと思われます。起動にも時間がかかれば、おちたり、一つ一つの操作が手順をきちんと踏まなければ行けなかったり

Studio oneは断然に軽くて早いです。もうびっくりするくらい。
どんな世界の機材にも言えますが「軽くて、丈夫」っていうのは必須なんです。

Cubaseは不要?

いえ、実はそんな事はありません。
CubaseにはCubaseのいいところがあります。逆に言えばStudio oneでできないことをCubaseはやっているのです。なのでStudio one一択。ということはないと思われます。
以下は私のイメージですが

カスタマイズが最強

Cubaseのショートカット、ロジカルエディター、マクロの作り込みはかなりのものです。Studio oneでも無くはないですが、まだ飲み込みきれていません。

とくにショートカットキーの再配置がまだ手間取っています。Cubaseでできていたことが表現の違いなのか、元々できないのか。
いまはそれを試行錯誤中です。

逆に、Cubaseでショートカットキーを使えば大抵のことができてしまいます。
むしろCubaseってカスタマイズしてこそ力を発揮するのではないかと思うくらい、個性を与えてあげるべきなのかもしれません。

超・多機能

Cubaseの重い理由でしょうけど、それ故に細かいところまでの微調整が可能ですし、Studio oneで感じるちょっとした不足をCubaseではストレスフリーに実行してくれる。

例えば、コードトラックを使う時Studio oneでは専用のトラックビューになり、MIDI書き出しもできない?

Cubaseはコードトラックのコード名の部分をMIDI化することもできるので
こういった細かな性能差はCubaseに軍配が上がります。

が、それ故にソフトの重さやマシンスペックに影響を与えてしまうので、要は使い方次第なのです。

ボカロエディター

最近使っていませんが、Macでボカロいじるとなると必然的にエディターがCubaseにならざるを得ないはず。
Vocalid for Cubase、通称ボカキューはまだ健在なのです。
V5になってからはマシンスペックの兼ね合いで更新していませんでしたが今後もV4エンジンを使うときはあるはず。なので捨てることはないでしょう

CubaseかStudio oneか迷っている人へ

では、比較して、というと難しいですが、どっちがいいか。と言われたら私はこう回答します

さくっと作りたいならStudio one

作り込みたいならCubase

というわけでStudio oneもバージョン4.6となって、使い勝手も更に良くなってきました。今年は頑張って曲を作るつもりなので、たくさんできたらコレのおかげだと思うことにします。

参考にしたページ

スポンサーリンク