無料のTAB譜ソフト「TuxGuitar」が「GuitarPro7」の.gpに対応してた



ギターを始めた頃からパソコン環境がある人には当然かもしれませんが、好きな曲のTAB譜を探す手段としてGuitarProやTuxGuitarをご存知だと思います。

久しぶりに楽譜を探していたこともあって、いろいろと調べていたら
なんと、TuxGuitarのバージョンアップが行われ.gpx(GuitarPro6の拡張子)や.gp(GuitarPro7)が読み込めるようになっているじゃないですか。
これで、またネットにある楽譜はほとんどが読み込める環境ができました。
というわけでTuxGuitarをかんたんに紹介します。

ダウンロードはこちらから

Tab譜エディターとは

少し話がずれますが、私の私感です。
10数年前からオープンソフトウェアとしてタブ譜(TAB)のエディタが存在していました。有名所として「GuitarPro」と「Power tab」があり、
どちらも似たような機能でしたが「Power tab」にはパーカッションパートがなく、演奏感を再現できないため「GuitarPro」に軍配が上がっていたと思います。そのGuitarProもバージョン3までは無料でしたがそれ以降は有料ソフトとしてTAB譜エディタとして一強だったかと。GM音源のみ使えるソフトでしたがTAB譜表示が殊の外便利で、ギターキッズの練習には欠かせなかったのではと思います。

その後、Macでも使える似たようなソフトがあるということで知ったのが「TuxGuitar」でした。

TuxGuitarとは

Macで使える無料版「GuitarPro」だと思っています。
これを話すとGuitarProとは・・・という話になるのですが公式サイトを紹介しておきます。

簡単に言えば、楽譜エディタです。FinaleやNotionなどのお高いソフトではなく簡易的にバンド・スコア位を作れるものです。
GuitarPro5あたりからDTM寄りの作業ができるようにDAWっぽいことができるようになりました。

話を戻して、TuxGuitarはGuitarProなどで作られたスコアを読み込み・再生編集ができるフリーソフト。ということになります。

何ができる?

楽譜ソフトですので、譜面を書くことができます。TAB譜でかけるというのが魅力的ですが、すでに作られた楽譜を使った曲の練習にこそいいと思います。
簡単なメリットとして

  • テンポを自由に変えて練習できる
  • ソロ機能を使って聞きたい音源だけを鳴らせる

これができるからこそ使えるので、どんどん使っていきましょう。
個人的にはこれはあくまでも練習用として利用しています。機能としてもGuitarProのほうが優勢ですけどね、本気で譜面書きたいのであれば作譜ソフトかGuitarProのほうがいいでしょう。MIDIも読めないし

でも無料ってでかいじゃないですか。結局そこですよ。

よく見たら、自分の持っているバージョンが1.2で、今回のバージョンが1.5.3になった結果らしいので、そりゃあ古いわ・・・

結局、お金あるならGuitarPro買っちゃおうって話になりそうなのでこのへんで

というか1万円で買えるので是非←


スポンサーリンク




スポンサーリンク