一日ギターを休むと三日分衰える。どころじゃない

スポンサーリンク

一週間ほど前に、ものすごい腹痛により発熱と頭痛が3日止まらず、寝込んでいました。

体が弱ると帯状疱疹がうずいたりしてなかなか油断ならない状況になったりするので気をつけています。

幸いにも、コロナではなかったようで回りに写すなんてことはなかったですが(まぁ実際問題どうかな?】

本当に3日寝込んだのでギターは愚かろくな生活に戻ることがやっとです。ここまで体力落ちるか。というところまで落ちたので、あとは復旧させるだけではあるんですが、いかんせん胃腸がだめだと食事からの栄養素が取り切れないので、体感まだまだヘバッてます。

さて、そんな状態ですので、タイトルに。

ギター初心者向けの本とかには、こういう事書いてますよね。1日練習をサボると、それを取り戻すのに3日はかかる。とか言う感じで

今回のことで、体の動きもちょっと変わっているのか何なのかわかりませんが、左右のタイミングが全然合わない状態がちょっと続いています。

ギターの演奏は右手と左手のタイミングによって、音を出せるので、ここのコンビネーションがとても重要。故に練習も左右のタイミングをあわせる。ということが何よりも重要視するところです。

しかも感覚的なところなので、一度狂ったら、治すのが難しい。

事実引けてるようなつもりが全然弾けていない。という結果だけが出てきちゃっている感じ。これは要リハビリ。しかも結構真剣に

見てる感じ、右手側に休みの影響が出ている感じですので、そこを地道に直していこうと思います。

サボった。というと語弊がありますが、感覚的な技術なので、使わないと錆びていきますね。ましては左右それぞれ違った動きをしながら、タイミングをあわせて動作させるというのを意識的に連続した動きで実施するのですから、ほんとに大変(語彙力)

そんなこと言って、アレキシ・ライホは腕を何度か骨折しながらも演奏のクオリティは下げておらず

スティーブ・ヴァイは右手を手術したため、ギターが弾けない。ということで左手だけでの演奏でできる曲を作ったり。とあまり言い訳にならない感じなので、焦らずやっていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました