起原を見つめ直して

雑記
スポンサーリンク

あまりTwitterのタグで話をしないのですが、たまにはということで

#自分はこれをきっかけにメタルに目覚めた

ということで、思い出してみたのですが、意外とこれがなかなか進まない。

自分がメタルにハマったのはいつだったかなと思うとあれ?と思うことが有りました。

私は極端に言えば、音楽にはまるよりもギターから熱中していった感じがあるので、単純にギターサウンドのいい曲を貪欲に漁っていた時期がありましたね。それは音楽のジャンルに拘らず、手当り次第。という感じでしたので、ジャンルはあまりこだわらなかったですね。

ただ、ツボに入った曲っていうのはいくつかあって、それがメタルにハマったかどうか。というのはなかなか思い出せなかった。

あとはメタルのジャンルで言えば、メロスピ系が主食になりますのでメロディアスな曲や激しいスピード感のあるリフなどは、むしろハードロックからの流れを組んでいる気がしているのですよね。

そうなってくるとなかなか曖昧で難しい。

それぐらい同時期にたくさんのバンドの曲を聴いていたし、ではメロディアスにハマったというか好きになったきっかけはなんだろう。となるとまた奥深くに考え込んでしまった。

音楽のルーツを辿るのは好きなアーティストのものをやっていくのは面白いですね。作曲される曲から、彷彿とさせるようなフレーズを使っていたり、全く関係ないジャンルの良さを知ったりなど、見えてくることがたくさんありますので、アーティストのインタビューなどで紹介されたアルバムなどは片っ端から聞いてみるのもいいですね。

そういえば、昔参加したコンピアルバムの特設サイトのブログにギターの思い出紹介とかすっごい長く書いたんですが、もう消えたっぽいですね。残念

そういう思い入れのある曲の聞き直しをしたり、紹介をするのも一つかもしれない。ブログネタにもいいかもねそういうの。

タイトルとURLをコピーしました