MOOER のTone Capture GTR が面白い

楽器

ボディも値段もコンパクトなMOOERのトーンキャプチャーが面白いです。

トーンキャプチャー、つまり別のギターのトーン(音色)をコピーして違うギターでも同じような音を出せるようになるものです。

公式サイトによるとトーンキャプチャーは「マッチングEQ」という技術を使って音色を再現しているようです。マッチングEQとは、原音との違いを分析してEQを自動で調整している感じの機能です。

MOOER Tone Capture GTR Official Demo

動画でも分かるように、原音に限りなく近いとはいえ実際に弾くギターの特性が現れています。

ストラトで弾く歪サウンドもシングルコイルっぽさは抜けきらない印象ですが、それはKemperのようなプロファイルではなく、分析して似せているためだと思います。

とはいえ良く似ています。逆にベースとなるサウンドをキャプチャして、自分の機材っぽさを足すというミクスチャー的な使い方をすることで、よりオリジナルなサウンドが作れるのかもしれません。

ちょっとした飛び道具的な扱いや、ソロの味付けとして、一曲しか使わない別ギターの音。などなどに使える感じがしますね。

にしても安いなー。

タイトルとURLをコピーしました