Nutubeの登場で真空管はもういらない?



先日動画がアップされたVOXの
新しいエフェクターがマジですごい

まさに革命といえる真空管ライクな
気持ちのいいサウンド
 VOXから発売される新しいペダルVALVENERGYシリーズ4機種

演奏を聞いてもわかるようにとても気持ちのいいサウンドです。
ブラインドテストではKemperと比較しています。
 このアンプと聞き間違う音の秘密は
  Nutubeが利用されているからだそうです。

Nutubeとは

Nutubeは要は真空管です。
 調べた限りでの個人的な印象としてまさに名前の通りあたらいし真空管です。

細かいところは本家サイトを見てください。
 簡単に言うと従来の真空管と同じような電気の増幅が出来る
  従来の真空管よりも超高品質な真空管。 というイメージです。

それがこのVALVENERGYシリーズには掲載されています。

2015年の発表以来、様々なメディアやイベントで取り上げられ、世界中のエンジニアやメーカーから注目を浴びる新真空管Nutube。VALVENERGYシリーズには、コルグとノリタケ伊勢電子の共同開発により誕生した革新的とも言えるNutubeを搭載しています。VALVENERGYシリーズも同様に真空管アンプがもつレスポンス、豊かな倍音成分、音圧感という特長をもっています。

Nutubeが何故真空管の代わりになるのか

登場したてのときは私も懐疑的でしたが、調べてなるほど。
 私なんかよりも真空管に対する愛を持って作られているのが
 よくわかりました。土下座すべきです私

真空管がなぜ、ギターアンプに必要なのかといえば、
 すごく簡単に言えば、真空管を通して電気信号を増幅させると
  自然に歪みが生じます。ナチュラルクランチです。

本来、電気を安定させて増幅し、機会を動かす必要があるのですが、
逆に音響的にはこの歪みが、気持ちの良いサウンドを生み出すので
 今もずっと真空管が使われているのです。

そしてこの歪みが出ないように頑張って作られたのが
トランジスタになります。このあたり電気工学を知っている方は
 常識なのかな?私文系に逃げたから後付記憶です←

つまり真空管アンプが良い というのはイコール
「電気的にきもちよく歪んだ音を出せるアンプ」が良い。
 ということで言い換えられるのだと思います。

とはいえ真空管はその動作から、トランスは重いわ、暑いわ、壊れるわで
 デリケートなパーツでした。真空管自体も家電製品としては使われず
  一部アンティークなオーディオ機器等のニッチな素材になり
   安定供給も難しくなってきました。

そんな中ついに、大量生産・高品質かつ、
 真空管と同じように歪みが出る増幅が可能なNutubeが開発されました。
  同じような増幅なので、本当に真空管と言って良いのでしょう。

なんか最初はトランジスタがそれっぽい音になるのかと思ったんですが
 ちゃんと記事を読むとそんなことはなかったです。
  いやもうすごくわかりやすく書いていて頭が下がります。

すでに活躍の兆し

楽器と並行してオーディオ機器でもNutubeが利用され始めました。

VOXは一番はやく手を出していますね。
オーディオI/Fや一部アンプにすでに使われています。

あ、Nutubeといえば最初に出てきたチューブスクリーマーは印象的でしたね

2015年に開発され、VOXから見事なペダルがでました。
これから新しいアンプや機材にNutubeが使われると思います。
 Nutubeだからこその欠点というのもあるでしょうが

いつかそれが愛嬌となって真空管のように愛されていくのだと思います。

スポンサーリンク




スポンサーリンク