アンプ型キーハンガーのケーブル修理【JACK RACK】

スポンサーリンク

家に唯一あるマーシャルアンプです。

玄関に付けて、キーハンガーとして利用しています。ちょっとバンドマンっぽい感じになります。

知らない人から見たら、窓破壊用のやつに見えるそうで。。。

こういうやつですね。まぁ気持ちはわからんでもない。話がそれましたが、扱いが雑なので、バッと引っこ抜くことが多いせいかケーブル部分がボロボロになりました。

なんか切れてる?って感じにスパッと切れ口がありますね。ねじりきられたような感じじゃない。で、中から銅線が出てます。 アレ?これ単に電気ケーブルじゃない?っていうことで修理します。

ホームセンターにいって、ケーブル売り場に行って、それっぽいケーブルを買います。10cmだと折り返しがきついと思ったので、20cmで買いました。長さ指定で、切り売りしてもらえると思います。1m単価で50円台だと思います。

カバーを外すと、まぁ想像通り、かしめで固定されてるだけですね。いっそハンダ付けしてやろうかと思いましたが、また壊れたときに考えます。とりあえずかしめた部分をペンチで開けて、ケーブルを外します。 

買ってきたケーブルで輪っかを作って、同じようにかしめます。2回目のカシメなのでちょっと弱くなる可能性はありますね。その場合はジャックも変えればいいからその時はその時でなんとでもなるでしょうよ。

いい感じですね。サイズ感もぴったりで普通のケーブルで事足りるようです。むしろ、2本通すとなるとこれくらいが限界っぽい。 ソルダーレスケーブルでは太すぎる可能性があります。高いし

20cmだと若干長いので、15cmくらいがいいですが、10cm単位の切り売りなら仕方なし。ニッパーで切ってサイズ調整をしました。 というかほかも壊れたとき用に長めにケーブル買っとくんでしたね。

あ、でもケーブル売り場で複数の色のケーブルがあったので、色を変えてみるのもありかもしれない。安もんですが、長く使うためにできる修理はやっていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました