楽器を買うために知っておくべきローンの話

雑記
スポンサーリンク

ギターは決して安い買い物ではなく、そんなポンポン買うことができないものではあると思います。

学生時代にやたら高い楽器を揃えたり、エフェクタが毎日のように増えたりする人が周りに一人くらいはいたと思いますが、あれは食事と命を削っているからできたことです。

とはいえ、始まりはフォトジェニックからでもいいですが、いずれ技術的にも音的にもそれなりのものを求めようとするとどうしてもそれなりの楽器は必要になります。そんなときにはローンを使いましょう。ローンはうまく使えば圧倒的に機材のレベルが上げられます。

まずはイケベ楽器さんがいま年末のセールやっていますね。

2021年末大激売 開催中!|池部楽器店
2021年最後のお得なセールやキャンペーンが盛りだくさん!一年の締めくくりはイケベで笑おう。

20万くらいのギターがほしいときどうしますか?

お金を貯める?借りる? それもいいですが、やはりローンが強い。

ローンはクレジットカードの分割払いとは違い、長い支払期間を設け、しかも金利が安いケースがあるのです。

具体的に言えば、20万のギターをクレジットカードの20回払いにして購入した場合、ギター代が月1万円ですね。
年利が14%ぐらいだとすると

月々の支払いは11300円くらいの支払いです。
合計で26000円ちょいくらいを金利手数料として余分に支払うことになります。


ローンの場合、一概に言えませんが、イケベ楽器の資料から見ると通常金利が7.15%なので、上記の半分ですね

当然支払いも月々10715円程度、
合計で14300円くらいの手数料を払うことになります。

この場合、仮にクレジットカードで支払って、ポイント系がもらえたとしても1万円以上もローンのほうがお得ですね。しかも今なら36回まで手数料を無料になるそうです!!

池部楽器店全店・クレジット金利0%キャンペーン実施中!
池部楽器店全店・クレジット金利0%キャンペーン実施中!

36回なら、月5600円くらいですね。 携帯代くらいが余分に増えただけで20万のギターが手に入るんですよ?すごくないですか?

もちろん、これは定期的に収入が見込める状況の人でなければいけませんが、よほど高額でない限りローンの審査が通らなかったことはありませんでしたので、まずは楽器店で聞いてみるのも一つだと思います。


逆にローンはいやで、一括で買いたいという方もいらっしゃると思います。漫画「けいおん」で澪ちゃんがお金を貯めてやっとの思いでベースを手に入れたシーンがありました。ああいう気持ちを忘れたくはありません。

ただし、一つ違う視点から考えると、20万のギターを買うために貯金をするとします。
毎月5000円〜1万円を貯金して20〜30ヶ月ですね。その期間ギターを弾けなくていいですか? その間にローンで購入して、弾き倒したくないですか?ローンの支払額が貯金額と同等なら貯金が溜まったタイミングとローンを支払うタイミングは一緒なんですけど、そのギターを演奏できたかどうかが変わってきますね。

ということで私は無理のない金額であれば積極的なローン購入はアリだと考えています。

ただし、未成年やバイトにしろなんにしろ定期収入がない場合は、ローンが通らない場合もあるのでそこは諦めるしかありませんし、ローンばっかり組んで首が回らないのは本末転倒ですね。

とはいえ、欲しい物があるときの購入プロセスは貯金だけじゃないということを知っておくのはいいことだと思います。

楽器店はローンに優しく、決算期になればイケベ楽器さんのように通常よりも長い期間で金利手数料を無料にすることが多いです。体感ではだいたい20回くらいまで無料にしてくれるのがセール時期。今回のように36回を無料にするのは破格すぎる。

ちなみに私はいま定期収入はあってもローンに回す金すらないので、ギターを買っていません。

(アイキャッチは公式サイトより引用:リンク

タイトルとURLをコピーしました