Logicoolの新作マウス「ERGO M575s」が最高だったので紹介します

雑記

ERGO M575ワイヤレス トラックボール 10年ぶりの刷新

ロジクールERGO M575 ワイヤレス トラックボールを使ってスムーズにトラッキング
ERGO M575を購入。手首の痛みを軽減する簡単な反応の良いサムコントロールトラックボール、300万回以上のクリックが可能な丈夫で信頼できる設計、および長い電池寿命を提供

Logicoolの定番トラックボールマウス「M570」の上位互換「MX ERGO」との融合、あるいはMX ERGO(以下 MX)の廉価版のような立ち位置のマウス「M575s」が先月末に発売されました。

10年ぶり刷新ということですが、私が始めた使ったトラックボールマウスがM570でしたし、その便利さから、未だに愛用していますので新作の話を聞いてすぐ予約しました。

数日使った感想とその良さから是非オススメしたいです。

スペック面はM570と大きく変わりませんが

より軽く

より使いやすく

なっていると思います。このあたりはMXの流れをくんだ感じですね。

MX ERGOとの比較

一回り小さく手に収まる

右がM575s 左がMX

ぱっと見は同じくらいですが、MXのほうは丸みが強く、手に余る感じがします。対してM575sは手に収まり、コンパクト感が強い。

あと単純に重さがM575sのほうが倍ぐらい軽い(約140g)

必要機能のみのM575s

MXの特徴として

  • 傾斜を選べるデザイン
  • LogicoolFlow(2台のPCを行き来できる)
  • Bluetooth+バッテリー

という新しい機能がついていましたがM575sは全部ありません。

M570の機能そのままに、電池駆動で、ボタンの数も変わりません

Bluetoothついたくらいですかね。

傾斜付きのMX寄りのデザイン

わかりにくいかもしれませんが、M570にはなく、MXで導入された傾斜のあるデザインがM575sにも採用されています。

これは人間の楽な姿勢として、マウスを手にするとき少し親指が上に向くほうが自然な形であることを研究した結果のデザインです。男の子が大好きな「人間工学デザイン」です。

そのため、M570がちょっと使いにくく感じるかもしれません

なぜM575sが最高なのか

ぶっちゃけてしまえば、MXは多機能ですが、そこまで使わないんです←

LogicoolFlowで持っていきたいデータもないですし、ぶっちゃけてしまえばMX1個買うのとM575s2個買うのでは後者のほうが安いですから。わざわざ2台のPCを1台のマウスで

て操作しないので、これが不要でした。

あと過去のブログにも書きましたが、どうも反応が微妙に遅いのと謎のノイズがあって困っていました。

結局はMXは最高でしたが、私には宝の持ち腐れになってしまったのだと改めて思ったのです。

で、対してM575sは必要な機能として十分。USBトランシーバーで違和感のない速度感で使えて、Macでも問題なく使えています。なので、これくらいが丁度いいな。という感想になります。

なんせ価格が安いので。私にはこれでいいのでは。と思っています。

ゲーミングマウスのように複数のボタンで操作をしたい場合は、おすすめできませんが、私はあまりマウスでギミック作らないので気になりませんでした。

というわけで、軽くて必要な機能があって、しかもお手頃 な三拍子揃うM575sが現時点では最強です。

気になる点としては、チャタリングがひどくないかというところですが、これは個体差の予感がするので、駄目なら交換するしかないかなと。

チャタリングの問題がなさそうならもう一つくらい持っておきたいですが、あいにく売れ域も好調なようですね。

ショートカットキーは少ない

ゲーミングマウスよろしくショートカットキー割当はあまりできません。ERGOはそこそこできましたがこちらはやはりM570の後継のため、戻る/進む とセンターボタン だけになりますが

一応LogicoolのソフトからDAW用あるいは通常用にキーの割当はやれなくはないです

どんなキーを割り当てようかなと考え中・・・

タイトルとURLをコピーしました