「最高のギターの音」が出せる方法 これはいいぞ。

シェアする



読みました。

作ってみたい本として「いい音を出すためにはどうするのか。」みたいな案はあったのですが
それをさらっと出されてしまいました。

まぁいずれ書いてやりますとも

それはさておき

本はとても面白かったです。
今まで なんちゃって で音を作っていたような人には特におすすめではないでしょうか。

なんとなく・・・ トレブルはここで、なんとなく・・・歪は前に並べて・・・

みたいな感じでセッティングをして、音作りに悩んでいる方は必見。
単純なエフェクタの並びからピッキングフォームの違い、材質にいたるまで
個別のレビュー音源が聞けるので、思っている音に近いセッティングを真似するだけのお手軽仕様

ただ、文字の圧がすごいので、気になるところはメモをとってそちらを見直すべきかも・・・

あとこの本何が良いって

音源がネットですべて聴けることです。

音作りに悩むギタリストのハンドブック! 常に「最高のギターの音」が出せる方法
いつでも「最高のギターの音」​が出​せる「音作り力」​が身につく!

興味があればぜひ読んでください。

僕も書きたいなーこういうの

スポンサーリンク




シェアする

スポンサーリンク