サウンドメッセ2023感想①KinoFactoryとEVERTONE

スポンサーリンク

サウンドメッセでというより、見かけたら試してみたかったのが、EVERTONEというピックアップです。今回は、KInoFactoryさんが、出展されており、かつ殆どのギターにEVERTONEを搭載されていましたので、試させていただきました。

KInoFactoryさんの紹介はこちら

Kino Factory(キノファクトリー) - 長野県塩尻市 ギター製作
Kino Factory(キノファクトリー)は長野県塩尻市のギター製作工場です。他社に負けない品質と対応を目指します。オリジナルギターの製作...

長野にある工房うで、個性的というよりは実用的なギターという見た目と印象でした。それに乗せるのは更に実用的なピックアップのEVERTONEです。

EVERTONEというのは、ざっくりいうとギターのギターたらしめる音を出すピックアップです。

ギターを録音した際に、ギターの役割分担として必要な帯域がきちんと出る。その事により、よりギターらしいサウンド(聞いたことのある。馴染みのある)がえられるという感じでしょうか。詳しくは公式HPを見ていただければ

EVERTONE PICKUP | EVERTONE PROJECT

かなり独創的ではありながらも、ゴールを見据えたものになっている印象です。本来、ギターに必要なものはなにか。ということを考えたときに、ギターが録音され、ミックスされ、音源として世に出るときに出来上がったサウンドを得るためのピックアップと、その演奏を支えるギター。という印象です。

実際に弾いた感じでは、コード感が非常に気持がいい。楽しい。 そういう音が自然と出る印象です。

下手くそに聞こえないというか、あーこれこれっていう感じの出音を出すことができると思います。ピッチも安定しているが特徴かと。和音というかハーモニーを弾かせるとぐっと良さを感じます

ピックアップのせいなのか、ギターのせいなのか、相乗効果なのかは定かではありませんが、結果的にはそういう印象です。

ハムバックとシングルと弾きましたが印象としてはハムバッカーのほうが、より「らしい」音に聞こえます。ロケンロー!って感じ。

あとはギターの特徴と個人の相性です。 前もって言いますが、私は自分の手癖として、トラディショナルスタンスのギターの指板でなければついていけない状態です。 主にRの問題です。

ストラト、テレキャスのきついRが好ましい。せめてギブソンぐらいはほしい。 そういう人間にとって現代のモダンモデルとは相性が非常に悪い。ほぼRのないフラットな指板をしているものが圧倒的多数だからです。

Kinoさんのギターももれなくそういう仕様になっています。それ故に私には弾きづらかった。ただ、ストラトシェイプだとゆるくRがあるので、その点はモデルを探せば解消されると思います。

そういう意味でも職人ギター。職人ピックアップという印象です。

ストレスはないと思います。EVERTONE一個くらい載せておきたいなーって感じ。

なんでしょう、ビンテージと言われる部分で必要なのはあくまでサウンドであって、プレイアビリティの方はより現代チックにしたい。というのを叶えている感じでしょうか。見た目もモダンですし。

なので、モダン系が好きだけど、ビンテージっていうかきちんとギターのサウンドを出したいというか。レスポールの音がほしいけど、コンポ系ギターで弾きたいというのが叶う。そういう感じの印象です。

そういう人、多分めちゃくちゃいると思うんで、ぜひどうぞって感じでいい製品でした。

5/18 追記:

開発メンバーの門垣さんに補足されました←
恐れながらも正しい評価ができていたようでホッとしています(適当なこと言ってるわけじゃあないんですよ!)

タイトルとURLをコピーしました