【ギタリスト】椅子に悩んだらリストレストを導入しよう

雑記
スポンサーリンク

たまに時間を見て椅子ネタの続きがないかなと探っているのですが、大体の解答は過去に書いてしまったの気がするので進んでいませんでした。

とはいえ、自分でも思いますが、エルゴヒューマン含め、オフィスチェアは高いんですよね。投資という意味では十分ですが、もうちょっとこう、、、なんとかならんの? みたいな気持ちにはなりますが、実は1〜3万程度の椅子ならばアームレスト跳ね上げ型の椅子はたくさんあって、ジェネリックオフィスチェアみたいなものはネットで探せばかんたんに見つかります。

なのでそれで良いじゃん。といえなくもないですが、在宅ワークやDTM作業でなんだかんだ長時間しっかり椅子に座っている場合、結局それなりの品質を椅子に求めたいのが心情。

とはいえ、アームレストが邪魔でギターが弾けない、、、というのが悩みのタネです。私もそこがつまづきのポイントでした。

今回はアームレストなしの椅子を買うことを前提にして話を進めます。 結論から言えば、アームレストをあとでつけたら良いのでは。となりましたが←

スポンサーリンク

そもそもアームレストっている?

アームレストのない椅子のほうが多いですが、個人的にはアームレストがないと、ついつい机に肘を置いてしまい、猫背というか前のめりの姿勢になってしまい、目や肩に負担をかけていると思っています。

きちんとした姿勢を保つことが基本ですが、それがしんどい場合、やはりアームレストがあったほうが、タイピングやマウス操作の点で楽ですね。(アームレスト使っても肩こりが収まっていない時点でどうかという話もありますが、それはそれで←)

ギターを弾かないときはほしいですね。アームレスト

後付けのアームレストがあればいい?

必要なときに肘を置けて、必要がないときはどけられるアームレストがベストです。跳ね上げ式はそれを完璧なまでに答えてくれていますが、高級オフィスチェア勢にはその機能がほぼありません。

では、あと付けってどうだろう。というかそれしかないじゃん。

たとえば、こういう机につけて腕を置く部分が張り出すようなやつですね。商品名はリストレストですが、用途として同じなので、気にしない。

こちらはもっと直接的というか、肘を置く場所が決まってますね。安定感在るのでしょうね。たまに絵描きの人でこれを使っている人をみたことがありますので、稼働する場合でもサポートしてくれそうです。

うん、いい感じですね。

これならギターの演奏にも邪魔にならないし、出費も抑えられるのでは?という提案

そもそもギター演奏のためで言えば、オフィスチェアはあまりいい選択とは言えない可能性があります。ただし、現代のギタリストはギターだけでなく、PCでのDTM作業がほぼほぼメインになるため、オフィスチェアのほうが合理的である。というのが現時点での解であると思います。

お金持ちはさー、どこでも弾けるような広い部屋で優雅にしてるから椅子なんて気にする必要はないかもしれんのさ(しらんけど)

タイトルとURLをコピーしました