これは欲しい。UAD機能搭載の安いオーディオ・インターフェース「Apollo Solo」

DTM
スポンサーリンク

Universal Audioから新しく「Apollo Solo」が発売されましたね。デザインからみて、Arrowの後継機でしょう

・2イン/4アウトのThunderbolt 3接続の24 ビット/192 kHz対応オーディオインターフェイス
・Thunderbolt 3バスパワーで動作
・SHARC DSPを1基内
・Unison テクノロジー対応のマイクプリアンプを2基搭載
・Macintosh/Windows兼用(Thunderbolt 3端子搭載必須)
・すべてのUADプラグインを使用可能(Realtime Analog Classics バンドル付属)
・ファンレスの堅牢なダイキャストメタル筐体

※Thunderbolt仕様とUSB-typeC仕様とそれぞれあるので注意!

https://store.miroc.co.jp/product/67104


次のインターフェイスはUAD機能搭載のものにしようと思っていたので、こいつがベストかも知れない。「ApolloTwin」はちょっと高いから手を出しにくいなと思っていたところなのでちょっとうれしい。

Introducing Apollo Solo – World-Class Recording Starts Here

うん。かっこいい。この手の製品はかっこよさが超重要

プラグインとセットになったセールを待ちます。←

DTMステーションさんの記事はやっぱり良いですね。実機レビューは強い。

プロの制作環境が5万円台で入手可能に。新発売のApolloエントリーモデル、Apollo SoloはDTM環境に何もたらすのか?【プレゼント企画実施中!】|藤本健の “DTMステーション”
8月12日、米Universal AudioからApolloシリーズの新製品であるApollo Solo(Thunderbolt 3接続、Mac/Windows対応)およびApollo Solo USB(USB 3.0接...
タイトルとURLをコピーしました