KEMPER KABINETが発売!その使い方を説明

楽器
スポンサーリンク

NAMMショーなどで紹介されていたKemper社のキャビネット
「KemperKabinet」が国内でも発売されました。

KEMPER Kabinet & KEMPER Kone | Kemper Amps
The KEMPER Kabinet is a combination of the KEMPER Kone™ loudspeaker and an extensive speaker tone mining technology developed by KEMPER

12インチ一発で、Kemperラックタイプを載せて丁度いいサイズ感だそうです。
見た目はくそかっこいいですね

スペック

  • Height:42 cm Width:51 cm Depth :23 cm Weight:11,30 kg
  • Power Handling:200W rms Impedance:4 ohms:
  • Full-Range (50Hz–10kHz) Kemper Kone 12″ Speaker×1

キャビネットの種類

※スピーカーユニット「KEMPER KONE」はまだ発売はないようです

特徴

軽量でパワフルなスピーカー・キャビネットとKemper profiler専用のスピーカー・デザインで、19種類のスピーカー・キャラクターを選択可能。

KEMPER KabinetはPROFILERのために特別に設計されました。
KEMPER Kabinetは、KEMPER KoneラウドスピーカーとKEMPERが開発した広範なスピーカー・トーン・マイニング技術を組み合わせたもので、1つのキャビネットに様々なスピーカー特性をデジタル的に「インプリント」することを可能にしています。

KEMPER Koneは、CelestionがKEMPERのためだけにデザインした12インチフルレンジスピーカーです。KEMPER PROFILERのDSPにより、専用のDSPアルゴリズムを用いて超直線的な(フルレンジの)周波数特性に制御・駆動されます。従来のフルレンジシステムの考え方とは対照的に、KEMPER Koneの放射パターンは、クラシックなギタースピーカーのシャーシの物理学に基づいて絞り込まれているため、フルレンジのサウンドであっても、通常のPAスピーカーやモニタースピーカーとは異なり、ギタースピーカーとしての個性がはっきりと感じられます。

プリセットの中には、Celestionをはじめとする多くの有名なギタースピーカーや、希少で非常に特殊なスピーカーも含まれています。今後のソフトウェアアップデートにより、より多くのスピーカーが追加される可能性があります。
KEMPER Kabinetは、PROFILER PowerHeadまたはPowerRackのパワーアンプで駆動することができます。外部ステレオアンプを使用する場合、2 台をステレオで駆動することが可能です。

KEMPER Koneスピーカーは、既存のギターキャビネットの代替スピーカーとしてもご利用いただけます。KEMPER Kone™は、2×12インチ、さらには4×12インチのギター・キャビネット用に、1台のユニットと2台と4台のスピーカー・セットが用意されています。

なるほど、イマイチ何につかえるのかわからん

使い方

Kemperシリーズ専用のキャビネットとはいえ、CABシミュレートはすでに実装されているじゃん、、、と思っていたが。
キャビネット、というかコーン部分を読み込んだ設定(メーカーはimprintsと表現)データで変更させる。そんな漢字ですね

つまりこれがあれば、どこでも指定したキャビネットの音が出せる。という感じです。12インチ一発なので、キャビの中では小さい方で、自宅でも使える・・・といいな

動画探したけど、これが一番わかるっぽいな。
キャビネットはサウンドメイクにも欠かせないファクタだし、無駄に大きなギターキャビいらなくなるならありなんじゃないでしょうか。

操作方法

記載の通り、利用するにはCABシミュをOFFにする必要があります。
操作自体はKemper本体かRig Manager(V3.0〜)から実施できます。

  1. Output を選択 ・・・①
  2. 一番下までスクロールする ・・・②
  3. KemperKoneとCabinetOffをEnabledに変更

Imprints Selectからキャビネットの種類を選べます。

Cabシュミで音を作り込んでいる人は特に設定しなければフルレンジスピードかとして使えるのでそれでもいいそうです。

宅ロッカーには使えるのかどうか微妙なところですが、ギタリストとしてはキャビから音を出すのが必要なところなので、やはりアンプ+キャビってほしいなと思います。

注意:パワーアンプは必要

パワーアンプはついていないので、パワーアンプ付きのKemperを持っている人はいいですが、持っていない人は別途用意する必要があるので、そこのところ気をつけないとね。

今ならRockonがキャンペーンで5%オフしています。

待望のKEMPER純正スピーカー・キャビネットKEMPER KABINETが発売!
KEMPERが待望の純正スピーカー・キャビネット「KEMPER KABINET」を発表しました! ヴィンテージ・チューブ・アンプをプロファイリングして、そのサウンドを基にした様々なオリジナルのセッティングを創り出すことが可能なプロファイリングギターアンプ『Kemper Profiling Amplifier』。 そのサ...
Kemper Kabinet: Quick first impression!
タイトルとURLをコピーしました