エド山口チャンネルが面白いので、是非見てほしい

ギター上達コラム
スポンサーリンク
【エド山口#5】蹴っ飛ばされまくったベースの修行時代

まさかのエド山口氏のチャンネルができていたなんて。大爆笑ものでした。

そのくせ中身の濃いお話がありまして、喋り方も寄せを聞いているような感じで、さすがだなと思います。

エド山口をご存知ない方は、モト冬樹のお兄さんだと覚えておいてください。
モト冬樹を知らない人はグッチ裕三とバンド組んでた人とおぼえてください。
グッチ裕三を知らない人はハッチポッチステーションの人と覚えてください。

ハッチポッチステーションを知らない人は下の動画を見てください

犬のおまわりさん with QUEEN

現在、国内外問わずかなりの数の音楽系You Tubeチャンネルが存在して、どれを見ていても飽きませんが、玉石混交で、特にタイトル(サムネ)のアオリが強すぎて、なんだか胡散臭く感じますが、コレこそが現在のトレンドっぽいので正直つらい。

大体はハウツー系で練習方法や演奏手法のコツなどを載せていることが多いですが、エド山口チャンネルのように業界裏話、個人的なお話をしていただけるのはなかなか見ごたえのあるものでした。

実際にプロの現場に立ったことはなないのでわかりませんが、ショーをする。
というのはアマプロ関係なく基礎能力の高さと即興の柔軟性、パフォーマンス力などが必要になってくるのであるとわかりますね。

でもこういう話するのはたいてい「地味」なんでしょうね。
コード進行覚える。とかリズムのパターンだとか、、、それよりもスウィープのコツだとか驚きの練習法だとか煽ったほうが多分見てもらえそう
でも最近は「地味」な演奏方法や練習こそ必要だと感じており、先の動画はその意味でも見応えがありました。

こういうモノホンの人が動画あげちゃうと、そっちの価値が高すぎると思うんです。聞くべきは現場の人ですよ。
だからこそ、現役のプロやできる人の話は聞いていきたいと思います。

あるいはパフォーマンスを主とする人はそれがエンタメとして確立しているので、こちらは非常にありがたいですね。
演奏や演出のパフォーマンスとして一つの映像作品という形で出すので、見ていて飽きません。かっこいいです。

多分喋り系youtuberはもっと話し方を良くして行くべきだと思います。
落語や芝居を学んできちんと通るような人が増えてほしい。
先のエド山口さんなんか話し方が古臭いですが、よくわかりやすく。字幕いらないレベルですね。トーク系で字幕に頼るのって意味あるかな。

古今亭志ん朝(三代目) – 宋珉の滝

というと落語の動画とかもあるので、脱線して動画を漁っているうちに朝になる

お後がよろしくないですが。このへんで

タイトルとURLをコピーしました