楽器に保険はかけるべき?【検討編】

シェアする



盗難対策について、いろいろ記事で上げていますが
もう一つ大事なことがあります。それは楽器に「保険」を使うかどうか。

では、楽器の保険というのを説明していきましょう・・・


と、思っていろいろ調べようとしたんですが、保険は複雑で奥深いものですので
今回はサラッと検討に値するかどうか。を考えてみたいと思います。

保険って?

楽器の保険は「動産保険」と呼ばれる保険です。
・壊れて修理に出した修理費
・盗難による損害
・火災や落雷などの事故による破損額

などに対して、一定のお金を出してもらうものです。
大手企業さんなんかは会社のパソコンとか壊れたら修理してもらっていると思いますが、あれもこの保険でカバーしてもらうことがあります。壊れた理由は割と融通がきいて、お茶こぼした。とか落として画面割れた!でもメーカーの保証対象外!ってときに使います。だいたい満額でるので痛くないです。

費用と保証は?

保険料は相場が 数千円/年
保証が10万円
パッケージによって前後するようですが、だいたいこんなもんらしい

入るべき?

5000円/年 で考えて月450円で、もしものときに10万カバーしてくれる。
と考えたらメリットがあるかどうかはご自身の判断です。
ライブなんかで頻繁に持ち歩く人で10万円以上のギターを持っている人には
一度考えてもいいかもしれませんね。
ただエレキギターってよほどのことがないと大掛かりに修理!とはならないので
そこは判断の分かれ道ですね。

盗難対策にはなるの?

盗難「対策」にはならないでしょ
あくまでもリカバリーですし、規約によっては車上荒らしだとダメ。
とか条件があるので一概には言えません。空き巣は対象らしい。

あと、余談ですが「地震」「台風」などは対象にならないようです。
これらは家財保険か地震保険などに該当するそうで、このあたりをきちんと調べていくとけっこう大変なので、そのための保険会社の窓口があると思います。
ここらへんでまとめるの諦めたもんで←

一度考えてみても良いかと思います。

スポンサーリンク




シェアする

スポンサーリンク