【アニメ感想】ゆるキャン△【もう結婚しろよ】

シェアする



Amazon.co.jp: ゆるキャン△を観る | Prime Video
これは、ある冬の日の物語。静岡から山梨に引っ越してきた女子高校生・なでしこは、“千円札の絵にもなっている富士山”を見るために自転車を走らせて本栖湖まで行ったものの、あいにく天気はくもり空。富士山も望めず、疲れ果てたなでしこはその場で眠りこけてしまう。目覚めてみるとすっかり夜。初めての場所で、帰り道もわからない。心細さに...

死ぬまでに見たいアニメを観きれるだろうか・・・

リアルタイムで見ることがなかなかできないことが多いので、配信サービスは
本当に助かります。 最近やっと「ゆるキャン△」を観ました

単純な感想ですがね。
こういう作品を見るまではキャンプ=夏 って思っており、どちらかというとサバイバルなスタイルの印象しかなかったです。

ですが、もっと単純に、景色やご飯を楽しむ。そんな生活をすることもいいなーと思わせる作品でした。
冬のキャンプって寒いんじゃないかな? 懐炉だけで耐えられる気はしませんが

秋口にテント出して夜空を見てのほーんとしてみたいなーと、さっそくハマっている感じはあります。
コミックスも読んでみたい。

作品としては、高校生たちのキャンプを通じての青春ですね。
いやもう青春というかお前ら結婚しろよちくしょーな主人公たちに
ニヤニヤしながらみてしまうので良くないですね。

あ、あといちばんのポイントは犬山さんの関西弁ですかね。
あのくらいゆるい感じが滋賀県民としては馴染みます。
ええ、いいですね。 アニメの関西弁ベスト5には入ります。

それだけでもええですんわ。


スポンサーリンク




シェアする

スポンサーリンク