L’Arc~en~Cielのギタリストken のギターインタビューの続きが気になる

Ken インタビュー【前編】

L’Arc-en-Cielのギタリスト kenのシグネチャーモデル発売に先駆けてのインタビューがfender公式サイトに出てます。 前後編の前編で、後編はまだですが、ストラト使いとしては見過ごせない話がちらほら出ていますので是非見て下さい。

最後にプレイ動画もあるよ。

※今回のモデルは以前のカスタムショップとはまた違う日本製です。そこんとこややこしい。

サウンドとルックスの話

「色やデザインは気に入っても、自分の思っていたサウンドじゃなかったり、逆にサウンドは良くても、心から気に入った色やデザインじゃなかったりして。」

首を縦に振るしかない、お話。 ギターは見た目で選べ!が私のモットーですが、音もこだわろうとすると、どうしても見た目の壁が立ちはだかるんですよね。

こういうスペックのギターが欲しい! 色はこう!って用意するのは簡単なんですけど

それが好みの音じゃなかったらもう最悪。

逆にすごく手に馴染むし、いい音するな−っていうものが見つかったとして、じゃあこのデザイン、色で買うのか!?と悩むことが多いですね。

後者の場合特に、途中で弾かなくなって売るケースが圧倒的に多い気がします。

特にストラト系のオーダーギターをする場合、

色も見た目もスペックも完璧に自分好みに仕上げたけど、音が違う!!

なんて大地雷を踏みかねない。

ペグの話

音が劇的に変わるポイントではないですが、ギターを弾く人は結構気にするペグ。

ペグによってヘッドの重さが変わるので、もちろん音にも影響は出ますが、何よりヘタったペグではチューニングがずれやすい欠点が

自分のストラトも今度ロックペグを試したいところです。

言うならあれですね。

車高低くしたいからってタイヤパンクさせたら意味ないっすよね。って感じ?

リアトーンの話

Fender社のストラトキャスターは3シングルピックアップが多く。その殆どのシリーズでリアトーンがついていないものが多いです。CSとかだとついてるかな?

これは昔からの流れみたいですが、ライブの多いプロはやはりトーンの調整を大事にするので後付や最初から依頼することが多いようです。

私のストラトはリアトーンは無しですがフロントトーンをバイパスさせる仕込みをしています。

動画紹介

次回が待ち遠しいので、いくつかかっこいいKenちゃんを載せて待ちます。