ライブビューイングに初体験


25th L’Anniversary LIVE – L’Arc-en-Ciel をライブビューイングで見て来ました。その雑感

※演奏等の感想はおいておきます。

何故ライブビューイング?

チケット取れねーんだよクソ
ツイッターの広告で転売チケット広告が出てるのを見て何度スマホを潰しかけたか

よかった所

楽、圧倒的楽さ
MCでもありましたが、L’Arc-en-Cielの最近のライブ、殆ど屋外でした。
20thの味スタではずぶ濡れになりながら演奏を聴いていました。
ライビュではそれが無い。
空調の効いたフカフカな椅子に座りながらドリンクとポップコーンを片手に見れる。なおかつ現地に行かなくても見れる良さがあった。
都合つけやすい
僕ら田舎民は東京にふらっと行くことが出来ない。予定を組んで前後の日程も考えなきゃいけないから結構大変。その点、近所のシネコンで見れるなら…と家族持ちや年配の方が多かった印象

物足りない所

悪いと言うか居心地がってのがあって。それは

人を選ぶ

前述の現地行けないけど、見に行きたい人にはすごく良い反面、現地に行けなかった人には物足りなさがハンパない
一体感がある風に見せる為に客席映すんだけど、『なんで私あそこにいないの…』って辛い
応援上映ではない(アーティストによる?)
ライブ開始前にみんなで盛り上がってOK!みたいな案内が表示されるが、年配の方が多かったせいかとても静かに観戦してました。
音響が大人しかったからか、周りの談笑が聞こえて集中出来ず
かと言って腕あげてわーきゃー言えないのでうむむ…

結局どうよ

もっと一体感が高められるアイドル系とか静かに見るのを基本とするミュージカル形とかだととても合うんじゃないかな。
けどラルクは全世界中継やライブビューイングはすでに何度も行っててそれなりに成功してるんではないかと思うからたんに行けなかった人の僻みなのかもしれない

次のツアーなり新譜の告知が無かったので生きていける気がしません。