【感想】GODZILLA 星を喰う者【どうしてこうなった】

アニメ映画 GODZILLAを見てきました。

シン・ゴジラの圧倒から立て続けに開始されたアニメ映画のお話

脚本が 虚淵氏という事で予定調和であるはずがないという期待が高まり、

事実裏切られた作品となりした。

細かいあらすじは映画見てください。

ざっくりと

もう手も足も出ないし、嫁も生死をさまよってへこたれた主人公を
私しかいないのね!って介護するヤンデレセフィロスのクラウドさんが
ギドラを呼んで君ののぞみだよ?とよくわからない地球崩壊を目論むも

思い出の中でじっとしてくれと泣き叫んで阻止するハルオに
私は思い出にはならないさ・・・と永遠と精神的に問い詰める
セフィロス(CV:クラウド)との決着と人類 VS ゴジラの決着をつけちゃうお話。

感想

好き嫌いであれば気に入らない人も多い結末でしょう。

えー… みたいな空気が終了後の劇場から感じ取れました。

一貫した人間の内面を描いていくコンセプトは見事に描ききったし
新しいゴジラの魅力を作り出したと思う。
ただ人間の内面を描いていく中で
そのセリフそいつが言う?
みたいなところは多かったきがする
2部、3部は特に顕著というかやや強引なストーリーへの転換の為に動かしたことを感づいてしまったので、スクリーンから少し引いた絵を見ていくしかなかった
ギドラのカッコよさ
ゴジラの最大の敵といえばギドラ系でしょう
みつ首ドラゴンかっこよすぎて
今回のギドラは高次元怪獣というなんとも心地よい厨二ングネームなんだって感じです。
デザインも神々しい。

ここからネタバレ含みます。

全体的に珍しく雑い

1部の絶望感が衝撃的すぎたのか。

あっさりしすぎているというか置いてけぼりを食らってます

・ギドラくそよわ?
ギドラの存在は虚数空間?別次元からの攻撃によるもので
こちら側から攻撃できない超チートな訳ですが
逆にそれが仇?となりメッフィーの目が潰された後はこちらの概念に囚われてしまったためにゴジラに瞬殺されますが
メッフィーの発言からいけば
ハルオを供物にする事でより完全になるらしいです。
完全とはなんだろうか
よりこちらの次元に干渉してくるのだと思ってみてたら逆に弱くなったのでよくわかりません

・エクシスなにしたいの?

ギドラの喰われた星の終焉に立ち会う事で死の先の探究が出来るらしいですが別にさっさと死んでもよかったのかな?
あと、宇宙にはまだ生き残りがいると思って良いんだよね?

・曹長の立場

タニ曹長は2〜3部で残念にもシンゴジで入れなかった恋物語の人になってしまいました?

なんかいろいろ可愛そうでした。おっぱいは大きかったけど

個人的に一番ないわーと感じたのはマーティー博士の最後のセリフを彼に言わしたことですね

あれは人間の愚かさを表すために必要だったんでしょうけど、

まず一番発言しないであろう人に言わせたのがキツイ

どうしてこうなった!!!

としか言えないなー。

結末というか一本筋は通っているので面白い作品だとは思いますよ。

僕は嫌いじゃないです。

もっと批判に共感したい人はこちらの記事を